1月の上映

黙ってピアノを弾いてくれ

2019.1.19(sat)-25(fri)

1月の上映映画

黙ってピアノを弾いてくれ

ビョーク、ダフト・パンク、ジェーン・バーキンらが
心酔する天才音楽家 チリー・ゴンザレスの
破天荒で感動的な魅力に迫る、
傑作音楽ドキュメンタリー!

2019.1.19(sat)-25(fri)
11:00〜 14:00〜 17:00〜 20:00〜
前売り:1,100円/当日:1,300円

※前売りは上映日前日までのご予約の方に限ります。
ご予約はメール:cinema.chlorine@gmail.com
またはお電話:TEL:083-227-4811 まで

破天荒な言動と裏腹に、奏でられる美しいメロディ。
ピアノの向こうに、愛すべきひとりの人間の生き様が見える―。

挑発的な言動、強烈すぎるキャラクター、そして唯一無二の音楽性で知られるピアニスト・作曲家、チリー・ゴンザレス。90年代後半、モントリオールからベルリン、パリへとわたった彼は、クラシックとジャズで培ったピアノ技術とラッパースタイルでアンダーグラウンドシーンから頭角を現し、〈異端〉の天才として時代の寵児となった。〈狂気〉とも呼ばれる言動とは裏腹に、奏でられるピアノの音色の繊細な美しさ。人々を魅了してやまないそのメロディの向こうには、独創性とユーモア、そして人間味に満ちた、知られざる彼の生き様そのものが溢れていた―。

ベルリン国際映画祭で鳴り止まないスタンディングオベーション! ダフト・パンクやウィーン放送交響楽団との圧巻のステージも。ピーチズ、ファイスト、トーマ・バンガルテル(ダフト・パンク)、ジャーヴィス・コッカーらとの共演など、ライブパフォーマンスも多数収録。中でもウィーン放送交響楽団とのステージでの驚愕のパフォーマンスは圧巻だ。チリー・ゴンザレスの名を全く知らない人でも、観るとまたたく間に大ファンになってしまう、最高のエンターテイメント作。プレミア上映を果たしたベルリン国際映画祭では、会場を爆笑と感動に包み込み、満員の観客は鳴り止まないスタンディングオベーションを浴びせ熱狂した。

■上映作品(85分)

スタッフ

監督 フィリップ・ジェディッケ
製作 シュテファン・ホル
   アントワネット・コスター
撮影 マルクス・ウィンターバウアー
   マルセル・コルベンバッハ

キャスト

チリー・ゴンザレス
ジョー・フローリー
シビル・バーグ
アダム・トレイナー
ピーチズ

作品データ

製作年 2018年
原題
Shut Up and Play the Piano
製作国 ドイツ・イギリス合作
配給 トランスフォーマー

画像をクリックすると予告編が再生されます。